HOME
 ライオンズクラブとは
 会長挨拶
 クラブ概要・歴史
 歴代三役
 クラブ年表
 役員・委員会名簿
 会員名簿
 アクティビティ
 活動予定表
 同好会
 委員長コラム
 リンク
 サイトマップ
 



甲府ライオンズクラブ
Kofu Lions Club

〒400-0032
 山梨県甲府市
 中央1-12-37
 IRIXビル8F 地図
 TEL: 055-221-0808
 FAX: 055-221-0707
 E-Mail: info@kofu-lc.jp
 

 2020/05/01
 コロナ感染に対応してー
      甲府ライオンズクラブの5月の第1歩
委員長コラム
 コロナウイルス対応の“今”を考える

 2020/05/01
 「会長所感」掲載
 2020/04/15
 
メンバーズスピーチWEB編掲載
 「温故知新とウイルス」 
 2020/04/07
 「会長所感」掲載
 委員長コラム更新「We Serve の原点に触れて」
コロナウイルス対応の
       “を考える!


2020/5/15掲載

※一部抜粋 全文はこちら

 昨日政府からの今後のコロナウイルスへの対応が発表された(5/6時点)

今の日本の現状を分析して、そして今後の対策を練り直して行く過程が今回示されたのだと思う。

今回改めて示された政策は、緊急事態宣言の5月31日までの25日間延長がその骨子で有る。

「いまだかなりの数の新規感染者数を認め、さらに医療提供体制が逼迫している13都道府県」、これについては「特定警戒都道府県」と認定して、外出自粛や施設の使用制限などについて、強く要請して行くと言う方向を堅持し、その他の34県に関しては「感染拡大の防止と社会経済活動の再開とその維持に向かって、両立がかなうように充分な配慮をしながら取り組んで行く」と言う指示がなされた。

 そして一方で、この政府の緊急事態宣言に不可欠な課題として、中小企業への持続化給付金や雇用調整助成金、一人一律10万円の給付金等々、幾つかの支援金の早期支出が大きな声で求められている。

 ここに至るまでの政府のコロナ対応は遅速であり、不首尾な部分も多々有ったが、国民の緊急事態宣言に対しての対応はおおむね誠実で有ったし、みなそれぞれが同じ方向を向いていたのだと思う。

 それ故にこそ、三密の堅守を通してコロナウイルスの感染の脅威をある程度押さえ込めたのだと言える。

 そこは日本国民の優れた「素因」なのだと認識したいと思う。

 イタリアを始めとするヨーロッパ諸国などに比べ、厳しい罰則の無い中、忠実に外出自粛などの行動をお互いに課して三密の提唱の日常の中に自分達を律して来れたのだ。

 こういった諸問題に対する感性の柔軟さを、私達はまたこの逆風の中でこそ認識しておきたいと思う。

 それは1つのメンタルとしての耐性、心の習慣としての免疫力として、たとえば今回のような新型コロナウイルスに対しても、いささかは有効性が有るものだと信じたい。

そんな想いを感じた次第です。

※全文はこちら>>





















 会長所感
 

2020/5/01掲載

※以下抜粋 詳細はこちら>>

 甲府市の学校も5月22日まで臨時休校を延長することとなりました。この状況が長期化することが予想され色々なところで、オンライン会議(テレビ会議)をするようになりました。

取引先からもオンライン会議をできる環境にしてくださいと依頼されているメンバーも多いと思います。

 今までは会って例会をすることが常識でしたが、この状況下では『WEB』が必然となっています。「オンライン?やったことないからできない!」等々私も最初は不安に感じました。


 しかし、言いたいこと整理して準備さえ整えればリアルな例会とほとんど遜色ないほどにコミュニケーションを取ることが可能だと思います。またメンバーにとっても交通費などのコストがかからず時間も有効活用ができ大幅に負担を減らすことができるメリットがあります。

そこで、我々甲府ライオンズクラブでもオンライン例会を実験的に開始します。

開催日は幻となった
第1500回例会の日時 
5月8日(金)13時~13時30分

また、例会の案内をメールでしているメンバーにはメールを送ります。

第一歩を踏み出します。
よろしくお願いいたします。


※全文はこちら>>

 
  ▲page top