HOME
 ライオンズクラブとは
 会長挨拶
 クラブ概要・歴史
 歴代三役
 クラブ年表
 役員・委員会名簿
 会員名簿
 アクティビティ
 活動予定表
 同好会
 委員長コラム
 リンク
 サイトマップ
 



甲府ライオンズクラブ
Kofu Lions Club

〒400-0032
 山梨県甲府市
 中央1-12-37
 IRIXビル8F  地図
 TEL: 055-221-0808
 FAX: 055-221-0707
 E-Mail: info@kofu-lc.jp
 



 
ライオンズクラブの3月の例会休止について
 ~新型コロナウィルスへの対応の1つとして


 新型コロナウィルスの影響は日増しに大きくなって来ています。

 『ダイヤモンド プリンセス』と言うクルーズ船以外で、国内で確認された感染者は今日(3/4)現在で260名を数えており、「クラスター」と呼ばれる集団感染の、聞き慣れていない呼び名が連日、マスメディアで報道されています。

 ここに先程のクルーズ船の乗客乗員や、政府のチャーター機による帰国者を含めると、国内の感染者数は近く千人を超える見込みと言われていて、政情や国民の生活の中にパニックに近い様相を産み出しています。

 そしてこの中国武漢省発の新型コロナウィルスの発生、感染は、韓国、日本、イラン、イタリア、フランスなど次々と世界各国へと波及し大きな混乱を招いている実情にあります。


 日本と言う国も、私達が平穏な日常の中で感じていたよりも、ずっと゛脆い(もろい)”もので有った事を痛感せざるを得ない緊急事態と言えます。

 そして、この今現在私達が生きている世界と言うものも、同様にその平穏や安定や経済の骨格が、いとも簡単にヒビ割れやすく、壊れやすいものだと言う事を露呈してしまったと思うわけです。

 政権の対応の遅れと、場当たり的なもろもろの要請は、あらゆる分野に波紋と混乱を招いています。



 甲府ライオンズクラブもここに至って、3月の第一、第二例会を休止する決断を余儀なくされました。メンバーそれぞれの多岐にわたる意見の有る中、「会員の健康へのリスクが少しでも懸念される状況である事態を鑑み、感染阻止の大きな社会的な流れを踏襲して、例会を休止するべき!」と判断された中込会長をはじめとする執行部の判断は尊重されてしかるべきものだと思われます。

 そして、この流れの中においてお互いが確認しておくべき事として、「新型コロナウィルスの感染拡大」と言う唐突な事態の発生が現実として起きた事。そしてこの思いもしなかった緊急事態の発生と、それに対応しての様々な対策や政府からの要請など、これらの記憶を1つの教訓としてみんなが強く認識し、国レベル、さらに各地の地域レベルの生活や安全のあり方について、突然の有事や大禍への冷静で適切な対応の心構えや基本的なマニュアルなど、平時の中にあってこそ十分に議論され検討されておくべきなのだと言う事を認識しておきたいと感じました。


 1ヶ月に及ぶ例会の休止と言う異例な事態を決断するにあたり、この新型コロナウィルスへの対応と言う大きな課題に立ち向かう事と平行して、緊急時における心構えと言うものを、会員各位が考慮する機会として、考えたいと思います。




<< W杯ラグビー日本代表の勇姿に思う。
コラムTOP 
  ▲page top